相川 清明
         東京工科大学 メディア学部

English Page


興味のある分野

音声認識、音声信号処理
音声検索、音声ドキュメント処理、音楽情報検索 、擬音語・擬態語音声による検索
音声分析 、声質分析
マルチモーダル対話インタフェース
聴覚モデル
効果音、楽器音合成

研究室紹介ページ

視聴覚心理とディジタル効果音

コンピュータが生み出す特殊な効果音とその知覚の研究を行っています。

研究テーマ
  周波数変化音知覚特性
  メロディの知覚
  視聴覚相互作用
  雑音に強い効果音
  高音質シンセサイザ
  タイミングの知覚
  臨場感エフェクタ

音と音声によるインタラクション

コンピュータが感じたことを直感的に人に伝える研究を行っています。

研究テーマ
  擬音語・擬態語音声による図柄パターン、スタンプ、効果音検索
  感性表現による音楽検索、
  音響特徴による音楽検索
  音による感性情報伝達
  声質の分析
  マルチモーダルインタフェース
  香りを語るコンピュータ

最近の文献

略歴


聴覚モデル

.時間周波数マスキングパターンイメージ

純音のパルスによって形作られるマスキングパターン(周波数の関数)の時間変化のイメージ。
「余韻」のイメージといったところです。
音のなんでも小事典(日本音響学会)の表紙になっています

音声認識・音声信号処理

動的ケプストラム、微小区間スペクトル法、PHASOR など、聴覚特性を利用した音声信号処理法を提案してきました。

音響特徴の分析による声質の分析を行っています。
声質計測ツール

学会関係

情報処理学会 音声言語情報処理研究会SIG-SLP  音声ドキュメント処理WG主査(2009-2012)
     NTCIRタスク SpokenDocオーガナイザ NTCIR9 NTCIR10
電子情報通信学会 
日本音響学会 評議員、代議員
IEEE シニアメンバー
アメリカ音響学会 メンバー
ISCA メンバー INTERSPEECH2010 スペシャルセッションオーガナイザ

学会へのリンク

研究助成

日本学術振興会

基盤研究(C):音声認識にとって未知語となる擬態語を含む音声クエリで動作可能な図柄パタン検索法(2012-)
基盤研究(C):人の連想機能を内在復号器とし情報を演繹誘発させる符号器:メディアトランスデューサ(2006-2008)

文部科学省

私立大学学術研究高度化推進事業:オープンリサーチセンタ(2005-2009
再利用可能なオープンメディアリソース(2005-2009)

その他

NTT(2003-2005)
渡辺記念会(2004-2005)
学内共同プロジェクト(2004-2006),(2006-2008)

表彰

平成6年3月 ATR研究開発賞
平成9年3月 日本音響学会佐藤論文賞
平成9年3月 電気通信普及財団 テレコムシステム技術賞
平成12年1月 NTT先端技術総合研究所 報道特別賞

TV出演・新聞記事

2012年1月7日 日本テレビ「心ゆさぶれ!先輩ROCKYOU」
2011年12月10日 フジテレビ ウルトラヴォイス(他に、さくらんぼテレビジョン, 北海道文化放送, 岩手めんこいテレビ, 秋田テレビ, 仙台放送, 福島テレビで放送)
2011年5月15日 テレビ朝日 奇跡の地球物語「ウィーン少年合唱団を科学する」
2011年2月4,5日 NHK BS-hi, BS2 ザ☆スター「天童よしみさん」
2009年6月28日 TBS カラダのキモチ「悩み解消!滑舌トレーニング」
2009年1月31日 日本テレビ 気になる子ちゃん「シャワーのとき、鼻歌が出るのはなんで?」
2008年8月28日 日刊工業新聞「バラ種別判断回答システム」
2006年7月5日 フジテレビ トリビアの泉「携帯電話で合唱できるか?」

リンク

東京工科大学   メディア学部  相川研究室  メディア学部ブログ メディア学部フェイスブック

平成27年からの新しいメディア学部


 更新日: 2014年5月23日